3,000万円の特別控除

札束を持って喜ぶ男性こちらの記事では譲渡所得税について触れましたが、今度は特別控除について説明いたします。
不動産の売却には、3,000万円の特別控除というものがあります。
実は、不動産の売却というものは、建物自体の価値が年を追うごとによって下がっていきますので、購入金額よりも売却金額の方が高くなるというケースがすくなくなっております。
もちろん、急に近隣エリアに駅が出来たり、学校などが出来たり、総合複合施設などができたりなど、人気がでるようなエリアになった場合などには、購入金額よりも売却金額が高くなるといったケースもあります。
しかし、不動産の投資目的で購入したのでなければ、やはり購入金額を上回るような事は中々難しくなっているのです。

その為、不動産の売却には、3,000万円の特別控除というものがあり、これは、不動産を売却した際に3,000万円以上の利益が無ければ税金がかからないといった特別措置があります。例えば、購入金額が6,000万円で、売却した金額が4,500万円でしたら税金がかかりませんし、6,000万円で購入した不動産が9,500万円で売却できた場合には、利益の3,500万円から3,000万円を差し引いた500万円に税金がかかる事になります。この場合には、3,000万円までの譲渡所得が非課税になるのではなく、譲渡所得から3,000万円を控除するという内容ですので確認が必要になります。

3,000万円の特別控除

売却時の税金

家を売った時にかかる税金は譲渡所得税になります。この譲渡取得とは、家を売却した時にでる利益の事で、簡単に言うと、家を売却したことによって儲かったお金にかかる所得税になります。
ここで問題になってくるのが、譲渡所得はどのような計算式によって求められるのかと言う事です。

電卓家の売却金額は、購入してから年数が経過していれば、それだけ家本体の価値が下がっていきますし、購入した時と売却した時にかかった諸費用などを差し引いて計算しなければ単純に売却時の利益を算出する事はできないからです。

その為、最も重要なポイントは、減価償却費になります。
この減価償却費というものは、建物が年数を追うごとに劣化していくので、当然ながら不動産としての価値も減っていくという考えを元に、物件の価値を年数によって減らしていく費用になります。もし売却する家が10年前に新築で建てられた物件であっても、10年分の時間の経過とともに劣化した金額を差し引いて計算されます。

その為、譲渡所得を計算するためには、売却した金額全体からから売却時にかかった色々な諸費用を引き、更に、購入時の金額と購入時にかかった諸費用から減価償却費用を引いた物を最終的に引いた物が譲渡所得となります。


関連記事&関連サイト

売却時の税金

家を売るためにどんなお金がかかるのか

困っているサラリーマン不動産を売却するのは人生のターニングポイントになると思います。
初めから不動産を売却するような投資目的で購入していたとしても、金額が金額なだけに、しっかりとした知識を持っていないと大きな損益に繋がってしまう可能性は否定できません。

家を買う時には、家の購入金額以外にもローンの金利であったり、税金などがかかってきたので、購入金額以上に必要なお金というようなものはありました。
当然なのですが、家を売る時にも、単に売却するという事ではなく、色々なお金がかかってくるという事を知らなければいけません。
購入金額と同じ金額で売れたから損はしないと思っていたとしても、色々な金額を後々支払う事になるようなケースもありますので、しっかりと確認しておく事が重要になってきます。

家を売る時にかかってくるお金として知っておかなければいけないのが譲渡所得税です。譲渡所得税には、売却時と購入時にかかった諸費用と減価償却費を加味しなければいけませんので減価償却費についても知らなければいけません。また、家を売却した時には確定申告なども視野に入れなければいけないので、そう単純な物ではないのです。

そこでこちらのページでは、家を売るためにどんなお金がかかるのかについての疑問にお答えして行こうと思っております。これから不動産の投資を考えている方はもちろん、結婚や転勤などで家を売ろうかと考えている方にとっても有益な情報をまとめておりますので、ぜひチェックしてみてください。

家を売るためにどんなお金がかかるのか