3,000万円の特別控除

札束を持って喜ぶ男性こちらの記事では譲渡所得税について触れましたが、今度は特別控除について説明いたします。
不動産の売却には、3,000万円の特別控除というものがあります。
実は、不動産の売却というものは、建物自体の価値が年を追うごとによって下がっていきますので、購入金額よりも売却金額の方が高くなるというケースがすくなくなっております。
もちろん、急に近隣エリアに駅が出来たり、学校などが出来たり、総合複合施設などができたりなど、人気がでるようなエリアになった場合などには、購入金額よりも売却金額が高くなるといったケースもあります。
しかし、不動産の投資目的で購入したのでなければ、やはり購入金額を上回るような事は中々難しくなっているのです。

その為、不動産の売却には、3,000万円の特別控除というものがあり、これは、不動産を売却した際に3,000万円以上の利益が無ければ税金がかからないといった特別措置があります。例えば、購入金額が6,000万円で、売却した金額が4,500万円でしたら税金がかかりませんし、6,000万円で購入した不動産が9,500万円で売却できた場合には、利益の3,500万円から3,000万円を差し引いた500万円に税金がかかる事になります。この場合には、3,000万円までの譲渡所得が非課税になるのではなく、譲渡所得から3,000万円を控除するという内容ですので確認が必要になります。

3,000万円の特別控除